バイオハザード RE:2(PS4、Xbox One、WIN) カプコンより発売決定

カプコンより1998年に発売された「バイオハザード2」が、プレイステーション4、Xbox One、Windows向けに「バイオハザード RE:2」として移植発売されることが明らかにされた。

それに伴い、オフィシャルサイトがオープンして、収録時間1分55秒のプロモーション動画が公開されている。

概要は以下の通り。

『全ての想像を裏切り上回る 再:新作「RE:2(アールイーツー)」
この恐怖、この窮地、そしてこのクオリティ。世界を虜にしたサバイバルホラーの傑作が全てを一新し、2019年1月再誕する。

"喰われる恐怖"の臨場感 "ゾンビ"が、もっとも怖い
猛烈な飢餓感に突き動かされ"彼ら"は、本能のまま歯を突きたて、引き裂き、貪り喰らう。「ビハインドビュー」により、その歯牙が更なる臨場感でプレイヤーに襲いかかる。

世界の緻密な再考証 新構築されたラクーンシティ
キャラクター、背景の構成はもとより、物語も一から再考証をおこなった。懐かしくもまったく新しい"恐怖の惨劇"が幕を開ける。』

(オフィシャルサイトより)

「バイオハザード RE:2」は2019年1月25日発売。価格はPS4版のパッケージ版8424円、PS4版/WIN版のダウンロード版7800円、Xbox One版のダウンロード版7862円。

(下野)

バイオハザード RE:2
「バイオハザード RE:2」のオフィシャルサイト

PlayStation.Blog
「バイオハザード RE:2」に関する記事